9月11日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.12%安、ナスダック 0.12%高、S&P500 0.09%高

概況


9月11日の米国株式市場は、地政学的リスクが意識され終日冴えない展開。S&P500とナスダックは引けにかけてプラス圏に浮上。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 19.71ドル安(0.12%安)の17,049.00ドル、ナスダック総合指数は前日比 5.28ポイント高(0.12%高)の4,591.81、S&P500指数は前日比 1.76ポイント高(0.09%高)の1,997.45。

ダウ構成銘柄では、ビザやナイキ、ウォルマート、ボーイング、ジョンソン・エンド・ジョンソン、メルク、シェブロン、キャタピラーなどが冴えない一方、シスコシステムズやJPモルガン、ファイザー、ゴールドマン・サックス、ベライゾン、ディズニーなどがシッカリ。指数を構成する30銘柄中、13銘柄が上昇、16銘柄が下落。

その他、社債発行からツイッターが0.51%安、家電量販店のラジオシャックは経営立て直しを検討中と伝わり9.56%高、ヨガウエアのルルレモンは決算が好感され13.91%高。アップルが小幅ながら続伸で、フェイスブックもシッカリ、グーグルは冴えない。

戻る