9月8日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.15%安、ナスダック 0.20%高、S&P500 0.31%安

概況


9月8日の米国株式市場は、ダウ、S&P500が反落となった一方で、ナスダックは続伸。原油価格の下落でエネルギー関連が軟調。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 25.94ドル安(0.15%安)の17,111.42ドル、ナスダック総合指数は前日比 9.39ポイント高(0.20%高)の4,592.29、S&P500指数は前日比 6.17ポイント安(0.31%安)の2,001.54。

ダウ構成銘柄では、エクソンモービルやウォルマート、デュポン、シェブロン、ホーム・デポ、ファイザー、ベライゾンなどが下落。反面、ボーイングやマイクロソフト、インテル、ビザなどが上昇。指数を構成する30銘柄中、8銘柄が上昇、22銘柄が下落。

その他、アリババのIPOを前にヤフーが5.61%高と買われ、翌日にイベントを控えたアップルは0.62%安。EVのテスラ・モーターズが堅調で、フェイスブックが小じっかり、ツイッターやグーグルも上昇。

戻る