概況/前引け 日銀総裁会見待ちで動きにくく、東証は小幅安。海運株やその他金融、建設株が安い

概況


前引けの日経平均は15,703.89円の24.46円安、TOPIXは1,298.81の2.71ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は532、値下がり銘柄数は1,128。出来高は10億4,570万株、売買代金は8,353億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

東京市場は小幅安での揉み合い。日銀金融政策決定会合の結果待ちや総裁会見を控え動きにくい。業種別では昨日買われ海運が売られ、その他金融や鉄鋼、建設、金属、情報通信なども冴えない。一方、鉱業や食品、紙パ、非鉄などはシッカリ。

個別銘柄では、昨日買われたルネサス(6723)が大幅反落で、ランドビジネス(8944)は下方修正が嫌気。横田製作所(6248)は信用規制が重しとなり、ニッパツ(5991)はCB発行が嫌気される展開。

一方、みずほ証券の目標株価引き上げでファナック(6954)が3日続伸、サムスンが「Galaxy Note 4」を公表したことでワコム(6727)が物色、株式分割からキューブシステム(2335)が急騰、大幸薬品(4574)は蚊の忌避剤として二酸化塩素ガス溶存液を用いるという特許取得が材料視。

戻る