概況/前引け 東京市場は小幅高での揉み合い。今週は重要イベントが多く、様子見から上値抑制

概況


前引けの日経平均は15,468.24円の43.65円高、TOPIXは1,281.72の3.75ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,103、値下がり銘柄数は566。出来高は9億2,918万株、売買代金は6,727億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

東京市場は小幅高での揉み合い。今週は2日の米8月ISM製造業景況指数や、4日のECB理事会、5日の米雇用統計と重要イベントも多く、様子見姿勢から動きにくいと見られています。また、本日は米国がレーバーデーの祝日のため、上値を追いにくい要因となっています。

内閣改造で政策期待が盛り上がることに期待して、建設株は買われ、飛島建設(1805)PS三菱(1871)熊谷組(1861)など土木関連が物色。日立造船(7004)はみずほ証券の格上げが好感され、ゴールドマン・サックスの格上げから任天堂(7974)もシッカリ。

ソフトバンク(9984)ホンダ(7267)ファナック(6954)キヤノン(7751)といった主力株には小幅安となる銘柄もあり、セブン&アイ(3382)ケーズHD(8282)などの小売り株も冴えない。

戻る