8月25日の米国株式市場は、上昇。NYダウ 0.44%高、ナスダック 0.41%高、S&P500 0.48%高

概況


8月25日の米国株式市場は、追加緩和期待による欧州市場の大幅上昇や企業買収、FRBによる緩和継続見通しなどが支援材料となり上昇。S&P500はザラ場で初の2,000ポイント台に。

SP500 週足

SP500 週足

NYダウ工業平均は前日比 75.65ドル高(0.44%高)の17,076.87ドル、ナスダック総合指数は前日比 18.80ポイント高(0.41%高)の4,557.35、S&P500指数は前日比 9.52ポイント高(0.48%高)の1,997.92。

ダウ構成銘柄では、JPモルガンやゴールドマン・サックスが高く、ベライゾン、ナイキ、コカ・コーラ、ボーイング、キャタピラーなどもシッカリ。反面、インテルやディズニー、ウォルマート、ファイザーなどが冴えない展開。指数を構成する30銘柄中、24銘柄が上昇、6銘柄が下落。

その他、ロッシュによる買収からバイオのインターミューンが35.41%高、バーガーキングはドーナツチェーンのティムホートンズと買収交渉と伝わり19.51%高。フェイスブックやツイッター、アップルはシッカリで、グーグルは冴えない。アマゾン・ドット・コムはゲーム動画配信のトゥイッチを買収。

戻る