個別銘柄動向(午前) 前田建設工業、ANAP、データホライゾン、イムラ封筒、オリエンタルランドなど

概況


■前田建設工業(1824) 940円〔-25円、-2.59%〕
 大和証券が投資判断を「3」に引き下げ
■ANAP(3189) 864円〔+14円、+1.65%〕
 来期黒字化を目指すとの社長コメントを日経が掲載
■データホライゾン(3628) ストップ高買い気配
 EMシステムズ(4820)との業務提携が材料に
■イムラ封筒(3955) ストップ高買い気配
 第2四半期業績予想を上方修正
■ダイキョーニシカワ(4246) 2,830円〔+255円、+9.90%〕
 野村証券が新規「Buy」
■オリエンタルランド(4661) 20,790円〔+975円、+4.92%〕
 新スペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」開催
■リソー教育(4714) 247円〔+17円、+7.39%〕
 政府の教育贈与非課税枠倍増案で
■EMシステムズ(4820) 1,786円〔+92円、+5.43%〕
 データホライゾン(3628)との業務提携を発表
■エスクロー・エージェント・ジ(6093) 9,350円〔+1,500円、+19.11%〕
 不動産ネット取引解禁の本命、日本証券新聞でも注目
■新川(6274) 481円〔-13円、-2.63%〕
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を引き下げ
■三菱自動車工業(7211) 1,172円〔+24円、+2.09%〕
 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」
■ベンチャー・リヴァイタライズ証券投資法人(8721) ストップ高買い気配
 投資先のリボミックが上場承認

※株価は11時06分現在

戻る