概況/前引け 円高警戒で、東証は冴えない。コロプラやスクエニは高い

概況


前引けの日経平均は15,128.05円の31.74円安、TOPIXは1,248.49の2.80ポイント安。東証1部の値上がり銘柄数は935、値下がり銘柄数は701。出来高は9億9,583万株、売買代金は9,253億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

東京市場は小幅安でのもみ合い。ドル円が102円15銭近辺と円高方向での取引となっていることが重しに。業種別では不動産や海運が安く、石油、鉄鋼、保険、機械、化学なども冴えない。一方、非鉄や水産農林、情報通信、鉱業、建設などは堅調。

昨日はTモバイルUSの買収断念が伝わり売られたソフトバンク(9984)は小幅な下げにとどまり、コロプラ(3668)は「白猫プロジェクト」の好調が好感、スクエニ(9684)は上方修正から大幅上昇。

一方、マーベラス(7844)が第1四半期決算から急落し、三井不動産(8801)大京(8840)も決算から冴えない。世界経済の悪化警戒から、牧野フライス(6135)なども冴えず。ミクシィ(2121)CYBERDYNE(7779)の下げも継続。

戻る