概況/寄り付き NYダウの大幅安で、東証もほぼ全面安。好業績株の個別物色は継続

概況


9時7分時点の日経平均は15,523.60円の97.17円安、TOPIXは1,280.25の9.17ポイント安。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが980万株、買いは550万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは317ドル安の16,563ドルと大幅安。欧州株がアルゼンチンのデフォルトなどが警戒され売られたことや、早期の利上げ観測などが重しとなりました。

今朝の東京株式市場は欧米株安から売られ、ほぼ全面安となっています。業種別ではゴムや海運、その他金融などが特に安く、電力ガスと空運、ガラス土石の3業種のみがプラスに。

個別銘柄では、昨日決算を発表したソニー(6758)が逆行高、スマホ事業の戦略を抜本的に見直す方針も明らかにしています。昨日上方修正で賑わったコロプラ(3668)が続伸で、LINREと提携からフェリシモ(3396)も引き続き高い。上方修正を発表した田淵電機(6624)が買い気配で、ダイジェット(6138)も上方修正が好感、エプソン(6724)も大幅高スタートです。

戻る