7月22日の米国株式市場は、反発。NYダウ 0.36%高、ナスダック 0.71%高、S&P500 0.50%高

概況


7月22日の米国株式市場は、地政学的リスクが引き続き意識も、欧州市場が反発し、良好な経済指標や企業決算から終日シッカリした展開に。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 61.81ドル高(0.36%高)の17,113.54ドル、ナスダック総合指数は前日比 31.31ポイント高(0.71%高)の4,456.02、S&P500指数は前日比 31.31ポイント高(0.71%高)の1,983.53。

ダウ構成銘柄では、インテルやゴールドマン・サックス、IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ボーイング、ホーム・デポ、シェブロンなどが堅調な一方、決算からトラベラーズやコカコーラが売られ、マクドナルド、P&Gなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、20銘柄が上昇、10銘柄が下落。

その他、決算が好感されチポトレ・メキシカン・グリルが11.84%高と急騰、増収増益決算からハリバートンは3.23%高、産業機械のインガソール・ランドも決算を受けて4.28%高、ハーバライフは前日の急落に対して25.45%と大幅反発。フェイスブックは小幅反落で、決算発表を前にアップルは小幅高、グーグルは反発。

戻る