概況/前引け NYダウが最高値に接近し、東証も広範囲に上昇

概況


前引けの日経平均は15,416.66円の119.84円高、TOPIXは1,274.38の8.92ポイント高。東証1部の値上がり銘柄数は1,092、値下がり銘柄数は535。出来高は11億5,135万株、売買代金は8,787億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

米国市場の続伸が支援材料となあり、東京市場も買い優勢の展開。ただ、日経平均は9時39分の15,441円(144円高)を高値に、その後は横ばいです。

リスクオンの姿勢で売られていたその他金融が反発し、不動産やゴム、保kね、鉄鋼、銀行なども堅調。マイナス業種は空運のみ。

NTT(9432)ブリヂストン(5108)などの主力株が買われ、ソフトバンク(9984)も小じっかり。14日から英国でファンボロー国際航空ショーが開催されており、航空機の商談が進むという期待で東邦チタ(5727)大阪チタ(5726)が高い。日本冶金工業(5480)は高ニッケル合金が注目され、ダイジェット(6138)はタングステン不使用の金型が引き続き材料視されストップ高買い気配。

2020年代半ばに東京都心と羽田空港を結ぶ新線を開設すると報じられ、JR東日本(9020)がシッカリで、建設受注期待で鉄建建設(1815)も堅調。ダイニック(3551)は有機ELに不可欠な水分除去シートを生産していることが材料視。

戻る