概況/寄り付き 米国株の反発から、東京市場も反発。トヨタの燃料電池車販売で岩谷産業や三菱化工機が高い

概況


9時9分時点の日経平均は15,325.57円の58.96円高、TOPIXは1,265.72の4.89ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが1,290万株、買いは1,060万株と再び売り越し。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは49ドル高の16,867ドルと反発。GDP確報値は予想を下回ったものの、今後の経済状況への改善期待が下支えしました。

今朝の東京株式市場も反発スタート。業種別では金属や保険、電力ガス、情報通信、サービス、鉄鋼などが堅調です。

個別銘柄では、ヤフー(4689)ソフトバンク(9984)と共同でクレジットカード事業を手掛けるKCカードから事業の一部を350億円で買収すると発表したことで上昇、ソフトバンクも反発。

トヨタ(7203)は燃料電池車を2014年度中に日本で市販すると発表しましたが反応は限定的も、水素ステーションの岩谷産業(8088)が大幅高、水素製造装置の三菱化工機(6331)も物色。決算を発表したNaITO(7624)が高く、自社株買いから戸田建設(1860)も買い優勢。

戻る