個別銘柄動向(午前) 第一工業製薬、ナノキャリア、瑞光、いすゞ自動車、日本エム・ディ・エムなど

概況


■第一工業製薬(4461) 441円〔+80円、+22.16%〕
 新型蓄電池「イオン液体リチウム2次電池」が世界で初めて人工衛星に搭載
■ナノキャリア(4571) 1,853円〔+339円、+22.39%〕
 エーザイと新規医薬品候補に関する独占的ライセンス契約
■瑞光(6279) 5,560円〔-620円、-10.03%〕
 第1四半期決算から急落
■いすゞ自動車(7202) 695円〔+9円、+1.31%〕
 ドイツ証券が投資判断を引き上げ
■タカタ(7312) 2,101円〔-10円、-0.47%〕
 エアバックの不具合で、トヨタに続きホンダや日産、マツダもリコール
■日本エム・ディ・エム(7600) ストップ高買い気配
 人工膝関節・股関節新製品の薬事承認取得で
■CYBERDYNE(7779) 11,590円〔-80円、-0.69%〕
 野村証券が目標株価を15,000円に引き上げ
■アーク(7873) 205円〔-80円、-28.07%〕
 1株55円でのTOBが発表され急反落
■象印マホービン(7965) 466円〔+52円、+12.56%〕
 第2四半期及び通期業績予想の上方修正を発表
■ワイヤレスゲート(9419) 3,355円〔+85円、+2.60%〕
 「Fujisan Free Wi-Fi プロジェクト」へ参画
■日本通信(9424) 789円〔+34円、+4.50%〕
 東証が本日付で信用規制を解除

※株価は11時04分現在

戻る