6月18日の米国株式市場は、4日続伸。NYダウ 0.58%高、ナスダック 0.59%高、S&P500 0.77%高

概況


6月18日の米国株式市場は、小幅安でのもみ合いが続いていたが、FOMCの結果発表後は買い優勢の展開で4日続伸。米景気の回復は続くとの見方。

NYダウ 月足

NYダウ 月足

NYダウ工業平均は前日比 98.13ドル高(0.58%高)の16,906.62ドル、ナスダック総合指数は前日比 25.60ポイント高(0.59%高)の4,362.84、S&P500指数は前日比 14.99ポイント高(0.77%高)の1,956.98。

ダウ構成銘柄では、コカコーラやナイキ、ユナイテッドヘルス・グループ、シェブロン、ゴールドマン・サックス、アメリカン・エキスプレス、ウォルマートなど幅広い銘柄が上昇。指数構成銘柄ではマイクロソフトとインテルの2銘柄のみが下落。

その他、独自の3Dスマホ「「Fire Phone」を発表したアマゾン・ドット・コムは2.69%高、3-5月期決算からソフトのアドビシステムズが8.20%高、宅配・航空貨物輸送のフェデックスも決算が好感され6.16%高。食品のコナグラ・フーズは下方修正から7.25%安と売られ、家具のレイジーボーイは決算から大幅安。フェイスブックやアップル、グーグルはシッカリ。

戻る