概況/寄り付き 海外市場の好調で、東京市場もほぼ全面高。海運、ノンバンク、その他製品、非鉄などが高い

概況


9時9分時点の日経平均は15,192.28円の115.04円高、TOPIXは1,241.14の6.57ポイント高。今朝の外国証券5社による寄り前の注文状況は売りが840万株、買いは910万株と再び買い越し。本日から1社減り、5社での集計。

日経平均 週足

日経平均 週足

先週金曜日のNYダウは88ドル高の16,924ドル。米雇用統計や、オバマ大統領とプーチン大統領が非公式で会談したことも支えとなりました。

今朝の東京市場も上昇スタート。業種別では海運やノンバンク、その他製品、非鉄、空運などが堅調で、電力ガスが冴えない。

個別銘柄では、ソフトバンク(9984)がシッカリで、マツダ(7261)パナソニック(6752)東京エレクトロン(8035)といった輸出関連も値上がり。バルチック海運指数の値上がりを受けて、商船三井(9104)も上昇。

クレディ・スイスが格上げした丸一鋼管(5463)が高く、電通(4324)はゴールドマン・サックスが「買い(コンビクションリスト)」で調査を再開したことが好感、熊谷組(1861)は施工不良を公表したことが嫌気されています。

戻る