概況/寄り付き 東京市場は続伸スタート。LINE関連は一服

概況


9時8分時点の日経平均は15,121.89円の53.93円高、TOPIXは1,237.20の3.52ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,320万株、買いは1,580万株と7日連続の買い越し。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは15ドル高の16,737ドルと小反発。5月のADP雇用報告が予想を下回り朝方売られたものの、5月のISM非製造業景況指数等が支援材料となり、持ち直しました。ただ、ECB理事会や雇用統計の発表を控え積極的な動きも限定的でした。

今朝の東京株式市場は、小幅続伸スタート。業種別では非鉄や食品、化学、鉄鋼、ガラス土石などこれまであまり買われていないかった業種に循環物色が入っているようです。値下がりは海運や医薬品、水産農林、証券など。

個別銘柄では、TモバイルUS買収で合意との報道やロボット事業参入が報じられているソフトバンク(9984)が続伸で、ファーストリテイリング(9983)も反発。UBSが格上げした三井住友FG(8316)も小じっかり。

昨日賑わったLINE関連のアドウェイズ(2489)ネットイヤー(3622)エイチーム(3662)は反落。ただ、ネオス(3627)は続伸。

戻る