概況/前引け 日経平均はマイナス圏に、連騰や週末等を警戒。ノンバンクや非鉄、海運が安い

概況


前引けの日経平均は14,601.52円の80.20円安、TOPIXは1,198.78の1.90ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は786、値下がり銘柄数は843。出来高は9億6,654万株、売買代金は8,573億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

昨日までの6連騰や週末のポジション調整に加えて、本日は大引けでMSCI指数の銘柄入れ替え(採用3銘柄、除外12銘柄)に伴い約735億円が流出することも値下がり要因となり、11時過ぎから小幅安となりました。

ノンバンクや非鉄、海運株、素材関連、市況産業を中心に値下がり。反面、ゴムや保険、輸送用機器がシッカリです。

朝方上昇修正で買われた建機レンタルのカナモト(9678)も利食い売りに押され、TモバイルUSに関する報道があったソフトバンク(9984)も上げ幅を縮めています。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」が人気のKLab(3656)が大幅続伸で、上方修正のウエスコHD(6091)が大幅高、株式分割と株式優待の導入を発表したファルテック(7215)も高い。オンキヨー(6628)は欧米でのハイレゾ配信報道が材料視され、産学官連携し再生医療と報じられたリプロセル(4978)も高い。

戻る