概況/寄り付き 昨日までの5連騰やNYダウの反落で、東京市場もマイナススタート。鉱業や証券、保険などが安い

概況


9時7分時点の日経平均は14,587.90円の83.05円安、TOPIXは1,193.77の4.40ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,390万株、買いは1,490万株と2日連続の買い越し。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日の米国では翌日のGDP統計の発表を控え、NYダウは5日振りに反落し、42ドル安の16,633ドルとなりました。今朝の東京株式市場も反落して始まっています。

業種別では、水産農林や紙パルプが堅調な一方、鉱業や証券、保険、精密などが冴えない展開です。

ソフトバンク(9984)三井不動産(8801)ファナック(6954)などが小幅安。SMBC日興証券が「3」を継続している家具販売のニトリ(9843)も冴えない。

一方、日本水産(1332)はSMBC日興証券の格上げから高く、特許絡みの話題でメディネット(2370)ラクオリア創薬(4579)が買い気配のスタート。

戻る