概況/前引け 米国株の反発で高く、中国HSBC製造業PMIも予想を上回り一段高。証券株や自動車株が高い

概況


前引けの日経平均は14,267.18円の225.01円高、TOPIXは1,163.77の13.72ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,423、値下がり銘柄数は258。出来高は10億1,125万株、売買代金は8,528億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

昨日の米国株の反発と、5月の中国HBSC製造業PMIが予想を上回ったことが好感され、日経平均は上げ幅を広げました。業種別では証券や紙パルプ、保険、輸送用機器、石油などが高く、鉱業と電力ガスの2業種のみがマイナス。

ソフトバンク(9984)が3日続伸で、富士重工(7270)トヨタ(7203)といった自動車株も堅調。スズキ(7269)は野村証券が投資判断を「Neutral」→「Buy」に引き上げています。好業績が報じられたクックパッド(3193)が急騰で、ABCマート(2670)はゴールドマン・サックスの目標株価引き上げも支援。

一方、関西電力(9503)は大飯原子力発電所の再稼働差止めが認められたことで売られ、サンリオ(8136)はゴールドマン・サックスが目標株価を引き下げ。

戻る