5月13日の米国株式市場は、高安まちまち。NYダウ 0.12%高、ナスダック 0.33%安、S&P500 0.04%高

概況


5月13日の米国株式市場では、NYダウとS&P500が続伸し最高値更新となった一方で、昨日はネット関連と小型株の買い戻しの動きが優勢となったナスダックは反落。全般的には小動き。

NYダウ 週足

NYダウ 週足

NYダウ工業平均は前日比 19.97ドル高(0.12%高)の16,715.44ドル、ナスダック総合指数は前日比 13.69ポイント安(0.33%安)の4,130.17、S&P500指数は前日比 0.80ポイント高(0.04%高)の1,897.45。

ダウ構成銘柄では、マイクロソフトやトラベラーズ、キャタピラー、メルク、コカ・コーラなどが堅調な一方、シスコシステムズやホーム・デポ、AT&T、ベライゾン、アメリカン・エキスプレス、ディズニーなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、17銘柄が上昇、13銘柄下落。

その他、コカ・コーラの出資比率引き上げでキューリグ・グリーン・マウンテンが7.55%高、化粧品のエリザベス・アーデンは決算が嫌気され22.82%安、反面、医薬品卸のマッケソンは決算が好感され3.31%高。前日5%を超える上昇となったツイッターは1.62%安と反落で、オンライン動画のネットフリックスは小幅ながら続伸、フェイスブックは前日比変わらず。

戻る