概況/前引け 東証はほぼ全面高も、朝高の水準からは横這い。不動産やノンバンク、非鉄などが高い

概況


前引けの日経平均は14,384.61円の235.09円高、TOPIXは1,174.77の16.86ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,357、値下がり銘柄数は358。出来高は9億1,825万株、売買代金は8,109億円。

日経平均 日足

日経平均 日足

NYダウが最高値を更新し、東京株式市場もほぼ全面高。9時9分に14,433円(前日比284円高)を付けた後は、値上がりした水準での横這い。出遅れが意識され、リスクオンに期待して、不動産株やノンバンク、非鉄、証券株の値上がりが目立ちました。

個別銘柄では、ソフトバンク(9984)トヨタ(7203)などの主力系が高く、三菱ケミカル(4188)による買収が報じられた大陽日酸(4091)が大幅高。決算とともに自社株買いを発表したタカラレーベン(8897)も買われ、いすゞ自動車(7202)は自社株に加え、投資単位の引き下げが好感。

一方、日医工(4541)は中期経営計画の見直しから売られ、資金調達を発表したエナリス(6079)も大幅安。

戻る