5月12日の米国株式市場は、続伸。NYダウ 0.68%高、ナスダック 1.77%高、S&P500 0.97%高

概況


5月12日の米国株式市場は、寄り付きから買い優勢で続伸、NYダウは連日の高値更新で、S&P500も4月2日以来の最高値。直近売られていたネット関連や小型株に買い戻しが入り、投資家心理が改善した。

S&P500 週足

S&P500 週足

NYダウ工業平均は前日比 112.13ドル高(0.68%高)の16,695.47ドル、ナスダック総合指数は前日比 71.99ポイント高(1.77%高)の4,143.86、S&P500指数は前日比 18.17ポイント高(0.97%高)の1,896.65。

ダウ構成銘柄では、GEやナイキ、ゴールドマン・サックス、ユナイテッド・テクノロジーズ、IBM、JPモルガン、ボーイング、マイクロソフト、キャタピラー、3Mなど幅広い銘柄が堅調。指数を構成する30銘柄中、24銘柄が上昇、6銘柄が下落。

その他、ツイッターが5.90%高と買われ、フェイスブックも4.52%高、ネットフリックスは5.14%高と買い戻しが優勢。冷凍食品のピナクル・フーズがヒルシャー・ブランズによる買収から13.20%高と急騰、ヒルシャーは3.22%安。

戻る