概況/寄り付き 米雇用統計を控えNYダウが小反落となり、東証も連れ安。下方修正でソニーが安い

概況


日経平均 週足

日経平均 週足

9時7分時点の日経平均は14,432.64円の52.49円安、TOPIXは1,180.06の2.14ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,390万株、買いは1,190万株。

昨日のNYダウは21ドル安の16,558ドルと小反落し、翌日の雇用統計の発表前に様子見となりました。

今朝の東京株式市場は、業績下方修正を発表したソニー(6758)が売られ、昨日好決算が評価されてストップ高となった新光電工(6967)も反落し、エプソン(6724)も揉み合い。4月の新車販売が17%減となったトヨタ(7203)も小幅安で、昨日賑わった証券株も一服。

ただ、不動産株は続伸していて、UBS証券では三菱地所(8802)について空室率の低下ペースが加速していると解説しています。

戻る