概況/寄り付き 欧米株が反落で、決算シーズンでもあり、東証は動きにくく、揉み合い

概況


9時6分時点の日経平均は14,532.78円の13.49円安、TOPIXは1,172.10の1.71ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,860万株、買いは1,650万株。

日経平均 日足

日経平均 日足

昨日のNYダウは12ドル安の16,501ドル。通期見通しを引き上げた航空機のボーイングは買われましたが、通信会社のAT&Tは売上高の伸びの鈍さが嫌気され売られ。バイオ関連も値下がりが多い状態でした。

今朝の東京株式市場は揉み合いで、昨日反発したノンバンクも今朝は一服。不動産株は揉み合いで、自動車株は小幅安。

ソニー(6758)も、ソニー不動産を設立し、8月から事業開始すると報じられましたが、株価は反応薄。昨日は持ち直した日本電産(6594)も小動きで、昨日新規上場した西武ホールディングス(9024)は反落。

一方、住友金属鉱山(5713)などの非鉄株が堅調で、昨日上方修正を発表した熊谷組(1861)が高い。新日鉄住金ソリューションズ(2327)はみずほ証券が新規「買い」に設定。

戻る