概況/寄り付き 欧米市場の上昇で、東京市場もほぼ全面高スタート。ノンバンクや証券が高い

概況


9時8分時点の日経平均は14,521.05円の132.28円高、TOPIXは1,172.42の9.92ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,120万株、買いは1,770万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは65ドル高の16,514ドル。企業決算や経済指標、製薬企業の再編期待などが支援材料となりました。

今朝の東京株式市場は反発し、昨日の日経平均の下げ幅の123円安を取り戻し、ほぼ全面高となっています。昨日は売られてたノンバンクも堅調で、不動産株も上昇。

ただ、昨日決算発表を行った日本電産(6594)はマイナススタート、SMBCの格下げから日本農薬(4997)も売り優勢。

その他、本日東証1部に再上場した西武ホールディングス(9024)は、公開価格1,600円に対して、初値1,600円と鳴っています。自転車小売り大手のあさひ(3333)はフィディリティの保有が注目されています。

戻る