概況/寄り付き 昨日の大幅高を受けて、東京市場は一服。不動産や証券が安い

概況


日経平均 週足

日経平均 週足

9時8分時点の日経平均は14,370.45円の47.23円安、TOPIXは1,165.42の1.13ポイント安。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが760万株、買いは1,390万株。

昨日のNYダウは162ドル高の16,424ドル。経済指標やイエレンFRB議長の講演、企業決算などが支援材料となり、3日続伸となりました。

東京株式市場は昨日の大幅高で利食い売りも出て、今朝は小幅安の始まりとなっています。アリババの業績拡大で賑わったソフトバンク(9984)も一服となり、不動産や銀行株も小幅安で、ノンバンクも揉み合い。

一方、キヤノン(7751)は1-3月期の営業利益が前年同期比約5割増の800億円前後と報じられ上昇。ファナック(6954)もシッカリで、上方修正を発表した三菱総研(3636)も高い。

戻る