概況/寄り付き 米国株の続伸で、東京市場は全面高スタート。ノンバンク、鉱業、情報通信などが高い

概況


9時6分時点の日経平均は14,172.57円の175.76円高、TOPIXは1,148.41の12.32ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,400万株、買いは1,180万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは89ドル高の16,262ドル。ウクライナ懸念で、NYダウは一時110ドル安まで下落も、企業決算などを背景に持ち直し、続伸で取引を終了しました。

米国株が堅調だったことを受けて、今朝の東京株式市場も上昇スタート。昨日は値下がりしていたノンバンクや海運、不動産も反発。ソフトバンク(9984)などの通信株も昨日に引き続き上昇。

その他、旭ダイヤモンド工業(6140)は東海東京調査センターがレーティングを「3」(=中立)→「2」(=やや強気)に引き上げたことが好感。インクジェット製法による全固体型セラミックス二次電池の共同開発から昨日ストップ高となった石井表記(6336)が本日も買い気配となっています。

戻る