概況/寄り付き NYダウの反発を受けて、東証も値上がり。日立やJTが高く、アステラス製薬も反発

概況


9時8分時点の日経平均は14,555.39円の132.20円高、TOPIXは1,174.46の10.76ポイント高。今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,400万株、買いは2,280万株。

日経平均 週足

日経平均 週足

昨日のNYダウは91ドル高の16,367ドルと反発。コンファレンスボードが発表した3月の消費者信頼感指数が82.3と、2月の78.3(速報値78.1)から上昇し、エコノミスト予想平均の78.5を上回りました。

米国株の反発から、今朝の東京市場も上昇スタート。昨日は下落していたソフトバンク(9984)も落ち着きを見せ、日立(6501)JT(2914)が値上がりし、アステラス製薬(4503)も反発。

業種別では、その他製品や不動産、食品、非鉄などが値上がり率上位で、値下がりは石油と金属の2業種にとどまっています。

その他、ゴールドマンサックスが投資判断を「買い」、2,500円目標と発表した日信工業(7230)が高く、自社株買いを発表した日本製罐(5905)が急騰、上方修正の日本コンベヤ(6375)も大幅高スタート。

戻る