3月17日の米国株式市は、反発。NYダウ 1.13%高、ナスダック 0.81%高、S&P500 0.96%高

概況


3月17日の米国株式市場は、終始堅調な展開。NYダウは6日ぶり、ナスダックは3日ぶりに反発。クリミアの住民投票は想定内の結果で懸念がとりあえず一服し、この日発表された鉱工業生産が予想を上回ったことも支援材料に。

NYダウ 日足

NYダウ 日足

NYダウ工業平均は前日比 181.55ドル高(1.13%高)の16,247.22ドル、ナスダック総合指数は前日比 34.55ポイント高(0.81%高)の4,279.95、S&P500指数は前日比 17.70ポイント高(0.96%高)の1,858.83。

ダウ構成銘柄では、IBMや3M、ボーイング、ディズニー、ユナイテッド・テクノロジーズ、JPモルガン、AT&Tなどが高く、30の構成銘柄全てが上昇。

その他、アリババのIPO準備からヤフーが4.02%高と買われ、アナリストによる格上げからアドビシステムズが1.46%高、反面、格下げからベリサインは5.78%安。フェイスブックやグーグル、アップル、ツイッターは揃って反発。

戻る