概況/寄り付き 103円台の円安を好感して、東京市場は続伸スタート

概況


今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは1,160万株でした。

日経平均 日足

日経平均 日足

9時8分時点の日経平均は15,243.65円の108.90円高、TOPIXは1,236.83の8.47ポイント高。

昨日のNYダウは61ドル高の16,421ドルでした。新規失業保険の週間申請件数が前週比2万6千件減の32万3千件となり、予想の33万8千件を下回ったことが好感。S&P500は最高値を更新。

今朝の東京市場は、1ドル103円台の円安も手伝い続伸。円安を受けて、ファナック(6954)が高く、ソニー(6758)も値上がりし、マツダ(7267)などの輸出関連が堅調なスタート。リスク回避姿勢の緩和で、ノンバンクや不動産株、株高で潤う証券、運用成績向上が期待される保険会社もシッカリ。

その他、日本電子(6951)群栄化学(4229)は、経済産業省の産業用3Dプリンターの国家開発プロジェクトに採択された30社・団体の中に入っていたことが材料視。2月は調整していたスクウェアエニックス(9684)も続伸しています。

戻る