3月6日の米国株式市では、S&P500が最高値を更新。NYダウ 0.38%高、ナスダック 0.13%安、S&P500 0.17%高

概況


3月6日の米国株式市場は、概ねシッカリした展開で、S&P500は最高値を更新。この日発表された新規失業保険申請件数が予想を上回る改善となったことが好感。ただ、ナスダックは小幅反落で、雇用統計の発表を前に手控えムードも。

NYダウ 日足

NYダウ 日足

NYダウ工業平均は前日比 61.71ドル高(0.38%高)の16,421.89ドル、ナスダック総合指数は前日比 5.85ポイント安(0.13%安)の4,352.12、S&P500指数は前日比 3.22ポイント高(0.17%高)の1,877.03。

ダウ構成銘柄では、アメリカン・エキスプレスやキャタピラー、JPモルガン、GE、ナイキ、ディズニーなど幅広く上昇。反面、ファイザー、ホーム・デポ、シスコ・システムズなどが冴えない。指数を構成する30銘柄では、25銘柄が上昇、5銘柄が下落。

その他、12-2月期決算からコストコ・ホールセールが2.76%安と売られ、同じく決算から事務用品のステープルズが15.30%安と急落、ファーストフードのヤム・ブランズはアナリストの格上げから3.32%高。フェイスブックは反落で、アップルも冴えない。グーグルとツイッターは上昇。

戻る