3月5日の米国株式市は、高安まちまち。NYダウ 0.22%安、ナスダック 0.14%高、S&P500 0.01%安

概況


3月5日の米国株式市場では、前日の大幅反発の反動や予想を下回る経済指標もあり、NYダウはやや冴えない展開。ただ、S&P500、ナスダックは前日終値はを挟んでのもみ合い。

NYダウ 日足

NYダウ 日足

NYダウ工業平均は前日比 35.70ドル安(0.22%安)の16,360.18ドル、ナスダック総合指数は前日比 6.00ポイント高(0.14%高)の4,357.97、S&P500指数は前日比 0.10ポイント安(0.01%安)の1,873.81。

ダウ構成銘柄では、設備投資の抑制計画からエクソン・モービルが売られ、ナイキやビザ、ボーイング、ベライゾン、マイクロソフトなども軟調。反面、ゴールドマン・サックスやJPモルガン、ディズニー、GE、3Mなどは上昇。指数を構成する30銘柄中、12銘柄が上昇、18銘柄が下落。

その他、スミス・アンド・ウエッソンが11-1月期決算から16.44%高と急騰、無人航空機メーカーのタイタン・エアロスペースを買収する方向で協議と伝わっているフェイスブックは4.03%高と続伸、アップルやグーグル、ツイッターもシッカリ。

戻る