2月26日の米国株式市は、小幅反発。NYダウ 0.12%高、ナスダック 0.10%高、S&P500 0.03%高

概況


2月26日の米国株式市場は、1月の新築住宅販売件数が予想を上回り、小売り株の上昇も貢献したことで反発。ただ、積極的に買い進む動きも乏しく、引けにかけてやや冴えない動き。

NYダウ 日足

NYダウ 日足

NYダウ工業平均は前日比 18.75ドル高(0.12%高)の16,198.41ドル、ナスダック総合指数は前日比 4.48ポイント高(0.10%高)の4,292.06、S&P500指数は前日比 0.62ポイント高(0.03%高)の1,845.74。

ダウ構成銘柄では、ウォルマートやユナイテッドヘルス・グループ、デュポン、ホーム・デポ、キャタピラー、インテル、メルク、IBMなどが堅調な一方、マクドナルドやエクソン・モービル、AT&T、JPモルガン、ビザ、マイクロソフトなどは冴えない。指数を構成する30銘柄中、17銘柄が上昇、12銘柄下落。

その他、11-1月決算からホームセンターのロウズが5.43%高、小売のターゲットは7.04%高、アバクロンビー・アンド・フィッチは11.25%高。一方、決算からファースト・ソーラーが9.12%安。パナソニックとの電池共同生産が日本でも材料視されたテスラ・モーターズは2.02%高と続伸。フェイスブックやアップルは冴えず、グーグルは小幅続伸。

戻る