2月24日の米国株式市は、反発。NYダウ 0.64%高、ナスダック 0.69%高、S&P500 0.62%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

2月24日の米国株式市場は、予想を下回る1月のシカゴ連銀全米活動指数などは特段悪材料視されず、緩和継続見通しや経済成長への期待から上値追いの動きに。S&P500は最高値とほぼ同水準まで回復。

NYダウ工業平均は前日比 103.84ドル高(0.64%高)の16,207.14ドル、ナスダック総合指数は前日比 29.56ポイント高(0.69%高)の4,292.97、S&P500指数は前日比 11.36ポイント高(0.62%高)の1,847.61。

ダウ構成銘柄では、ユナイテッドヘルス・グループやナイキ、ファイザー、エクソン・モービル、アメリカン・エキスプレス、ゴールドマン・サックスなどが堅調な一方、ベライゾンやAT&T、マイクロソフト、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、21銘柄が上昇、9銘柄が下落。

その他、スムーズな配信のためCATVのコムキャストと契約したオンライン動画配信のネットフリックスが3.42%高、メディケアの政府支出削減が想定よりも小幅と医療保険のヒューマナが10.57%高、カール・アイカーン氏が企業統治の不備を指摘したことが思惑となりイーベイが3.13%高と上昇。フェイスブックやアップル、グーグルは反発し、ツイッターは続落。

戻る