概況/寄り付き NYダウの反発を受けて、東証も全面高に。石油やノンバンク、保険、非鉄などの反発が目立つ

概況


日経平均 15分足

日経平均 15分足

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,310万株でした。

9時15分時点の日経平均は14,721.18円の272.00円高、TOPIXは1,215.57の21.01ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,623、値下がり銘柄数は78。

NYダウの反発から、今朝の東京株式市場も買い優勢で、昨日317円安となった日経平均も下げ幅を取り戻す勢い。石油やノンバンク、保険、非鉄、精密、医薬品が高く、ソフトバンク(9984)ファーストリテイリング(9983)が切り返し、昨日売られた自動車株にも買いが入っていいます。

マブチモーター(6592)は三菱UFJモルガンスタンレー証券が投資判断を「Neutral」→「Outperform」に引き上げたことから高く、豊田通商(8015)や自動車溶接機器メーカーのOBARA GROUP(6877)関西ペイント(4613)など新興国での自動車生産や販売に関係する企業の値上がりも目立っています。

戻る