2月14日の米国株式市は、続伸。NYダウ 0.79%高、ナスダック 0.08%高、S&P500 0.48%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

2月14日の米国株式市場では、ナスダックが前半やや冴えない動きも、NYダウ、S&P500は堅調推移で、3指数揃って続伸して取引を終了。この日発表された1月の鉱工業生産が予想を下回ったものの特に悪材料視されず、ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を上回って点は好感。企業決算なども下支え要因に。

NYダウ工業平均は前日比 126.80ドル高(0.79%高)の16,154.39ドル、ナスダック総合指数は前日比 3.35ポイント高(0.08%高)の4,244.02、S&P500指数は前日比 8.80ポイント高(0.48%高)の1,838.63。

ダウ構成銘柄では、ユナイテッドヘルス・グループが高く、エクソン・モービルやP&G、ディズニー、3M、トラベラーズ、シスコシステムズなど幅広い銘柄が堅調な展開。指数を構成する30銘柄中、ベライゾン、AT&T、ゴールドマン・サックスの3銘柄のみがマイナス。

その他、11-1月決算からキャンベル・スープが4.98%高、クリフス・ナチュラル・リソーシズは5.75%高、エディー・バウアーへの買収を発表したジョス・エー・バンク・クロージャーズは0.36%高。ツイッターとグーグルはシッカリで、フェイスブックとアップルは冴えない。

戻る