概況/寄り付き NYダウが5日振りの反落で、東証も小幅安。ソフトバンクやトヨタが小安く、日本電産も下落

概況


日経平均 15分足 MA(25/75)

日経平均 15分足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,040万株、買いは1,430万株でした。

9時16分時点の日経平均は14,752.06円の48.00円安、TOPIXは1,216.01の3.59ポイント安。東証1部市場の値上がり銘柄数は583、値下がり銘柄数は1,000。

昨日のNYダウは30ドル安の15,963ドルと5日振りに反落しました。ここのところの上昇で売り買い交錯。

今朝の東京株式市場も上昇一服となり、ソフトバンク(9984)トヨタ(7203)が小幅安で、日本電産(6594)も値下がり。セイコーエプソン(6724)はMSCI指数に新規採用されましたが、反応薄となっています。

一方、昨日の中医協総会でジェネリック医薬品の促進策が発表され、東和薬品(4553)沢井製薬(4555)が堅調。第3四半期決算と増配を発表したシチズン(7762)が買われ、自社株買いと増配の青山商事(8219)も買い優勢のスタートとなっています。

戻る