2月11日の米国株式市は、大幅続伸。NYダウ 1.22%高、ナスダック 1.03%高、S&P500 1.11%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

2月11日の米国株式市場は、イエレンFRB議長の初の議会証言が好感されたほか、債務上限引き上げに関する共和党の姿勢も安心感につながり、朝方から堅調な展開。NYダウは4日続伸で、一時16,000ドル台乗せ。

NYダウ工業平均は前日比 192.98ドル高(1.22%高)の15,994.77ドル、ナスダック総合指数は前日比 42.87ポイント高(1.03%高)の4,191.04、S&P500指数は前日比 19.91ポイント高(1.11%高)の1,819.75。

ダウ構成銘柄では、シスコシステムズ以外の全銘柄が上昇で、ボーイングやゴールドマン・サックス、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ナイキ、シェブロン、AT&T、エクソンモービルなどが上昇上位に。

その他、ソフトバンク傘下のスプリントが10-12月期決算の発表から2.73%高、ドラッグストアのCVSケアマークも決算が好感され2.73%高、反面、決算が嫌気された食品のコナグラ・フーズは6.34%安。フェイスブックやツイッター、アップル、グーグルも堅調な推移。

戻る