1月28日の米国株式市は、反発。NYダウ 0.57%高、ナスダック 0.35%高、S&P500 0.61%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

1月28日の米国株式市場は、新興国不安が和らぐなか、企業決算やこの日発表された消費者信頼感指数が予想を上回ったことも支援材料に反発。NYダウは6営業日ぶり、ナスダックは4営業日ぶりに反発。

ダウ工業平均は前日比 90.68ドル高(0.57%高)の15,928.56ドル、ナスダック総合指数は前日比 14.35ポイント高(0.35%高)の4,097.96、S&P500指数は前日比 10.94ポイント高(0.61%高)の1,792.50。

ダウ構成銘柄では、決算を受けてファイザーが買われ、ビザやGE、キャタピラー、JPモルガン、ナイキ、アメリカン・エクスプレス、トラベラーズなども堅調。反面、決算からデュポンが軟調で、シスコシステムズやベライゾン、IBMなどもマイナス。指数を構成する30銘柄中、上昇は24銘柄、下落は6銘柄。

その他、アップルが7.99%安、前日発表した10-12月期決算でiPhoneの販売が予想を下回ったことが嫌気。決算が好感されたアメリカン航空グループは5.90%高、DRホートンも決算が好感され9.84%高。フェイスブックやツイッター、グーグルも上昇。

戻る