1月24日の米国株式市は、大幅続落。NYダウ 1.96%安、ナスダック 2.15%安、S&P500 2.09%安

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

1月24日の米国株式市場では、アジア、欧州市場の下落の流れを受けて、寄り付きから軟調な展開で安値引け。NYダウは4日続落で、週間の値下がり幅は約580ドル。新興国景気への不安感や通貨の下落が重しに。

ダウ工業平均は前日比 318.24ドル安(1.96%安)の15,879.11ドル、ナスダック総合指数は前日比 90.70ポイント安(2.15%安)の4,128.17、S&P500指数は前日比 38.17ポイント安(2.09%安)の1,790.29。

ダウ構成銘柄では、GEや3M、ボーイング、ビザ、ファイザー、ディズニー、ユナイテッド・テクノロジーズ、キャタピラーが下落率上位。一方、10-12月期決算を発表したマイクロソフトは2.08%高と逆行高、P&Gもシッカリ。指数を構成する30銘柄中、3銘柄が上昇、27銘柄が下落。

その他、フェイスブックやツイッターも安く、アップル、グーグルも下落。決算が嫌気された鉄道のカンザス・シティー・サザンやスロットマシンのIGTは決算が予想を下回り急落。

戻る