概況/前引け 今週は米国で重要指標等も多く、東京市場はやや手控えムード。鉄鋼や不動産が冴えない

概況


日経平均 15分足 MA(25/75)

日経平均 15分足 MA(25/75)

前引けの日経平均は15,642円69銭の19円18銭安、TOPIXは1,259.51の0.85ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は969、値下がり銘柄数は621。出来高は11億4,578万株、売買代金は9,164億円。

米国のクリスマス商戦が見守られていることや、11月のISM製造業景気指数や地区連銀経済報告、雇用統計も控えているため、週明けの東京株式市場はやや様子見ムードとなっているようです。

ソフトバンク(9984)トヨタ(7203)日立(6501)ファーストリテイリング(9983)などが小幅安となっていて、鉄鋼株や不動産株も冴えない動きとなっています。一方、電力株が値上がりし、NKSJなどの保険株も堅調で、ノンバンクも上昇しています。

個別銘柄では、ぐるなび(2440)がいちよし経済研究所の格上げが好感されたほか、マツダ(7261)はクレディスイスが投資判断を「Neutral」→「OUTPERFORM」に引き上げ、目標株価も500円→600円に引き上げたことで買われています。

反面、カッパクリエイト(7421)と経営統合を前提に業務提携すると発表した元気寿司(9828)は反落しています。 回転寿司は各社の出店攻勢で市場は飽和に向かっており、、海外に活路を見出す動きもすぐには成果が出ないことも、先週金曜日に続いて、本日も買い上がることをためらわせたようです。公募増資の発表で物語コーポレーション(3097)KYB(7242)が大幅安です。

戻る