概況/寄付き NYダウの連騰、100円台の円安から、東証もほぼ全面高。日経平均は5月22日以来の15,000円台

概況


日経平均 日足 MA(25/75)

日経平均 日足 MA(25/75)

今朝の外国証券6社による寄り前の注文状況は売りが1,030万株、買いは2,200万株でした。

時15分時点の日経平均は15,005円80銭の129円06銭高、TOPIXは1,230.09の11.54ポイント高。東証1部市場の値上がり銘柄数は1,310、値下がり銘柄数は251。

昨日のNYダウは54ドル高の15,876ドルと連日の最高値更新となりました。次期FRB議長に指名されているイエレン副議長が上院銀行委員会での証言で、株価はかなり上昇してきたが、株価収益率などの従来の基準で計ればバブルのような状況を示唆する領域にはないという見方を示しました。

今朝の東京株式市場も続伸し、ほぼ全面高となっています。証券株や海運株、ノンバンク、不動産などが買われています。

第一生命(8750)は、2014年3月期の当期利益予想を370億円(前期比14%増)→570億円(同76%増)に上方修正したことで買い優勢のスタートです。ソニー(6758)も3%を超える値上がり、本日、7年ぶりとなる据え置き型ゲーム機の新製品「プレイステーション(PS)4」を米国とカナダで発売します。

ドワンゴ(3715)は、「niconico」に今年度内の動画広告導入することになり、買い気配となっています。UBS証券はポジティブニュースと述べ、投資判断を「Neutral」→「Buy」に引き上げました。目標株価は2,380円としています。

エアウォーター(4088)は、上期の営業利益が前年同期比13.4%増で、UBS証券から国内産業ガスの収益回復の兆しと報告され、投資判断「Buy」継続で、目標株価1,800円と評価されたことも手伝い買われています。

戻る