10月29日の米国株式市は、堅調な展開。NYダウ 0.72%高、ナスダック 0.31%高、S&P500 0.56%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

10月29日の米国株式市場は、企業決算や量的緩和継続見通しを背景に寄り付きから堅調な展開で、NYダウ、S&P500はともに最高値を更新。

この日発表された9月の小売売上高は前月比0.1%減と予想を下回り、10月のコンファレンスボード消費者信頼感指数も71.2と予想以上の低下に。

ダウ工業平均は前日比 111.42ドル高(0.72%高)の15,680.35ドル、ナスダック総合指数は前日比 12.21ポイント高(0.31%高)の3,952.34、S&P500指数は前日比 9.84ポイント高(0.56%高)の1,771.95。

ダウ構成銘柄では、IBMが2.69%高と値上がり率トップ、150億ドルの自社株買いが好感。決算を背景にファイザーも上昇し、AT&Tやホーム・デポ、ユナイテッドヘルス・グループ、シスコシステムズなども堅調で、指数構成銘柄の8割が値上がり。一方、キャタピラーやボーイング、マイクロソフトなどがやや冴えない。

その他、減益決算となったアップルは2.49%安、小売のシアーズが事業の分離検討で11.75%高と急騰、格上げが伝わったヤフーは2.53%高。フェイスブックは続落で50ドル台割れ、グーグルは2.09%高。

戻る