10月22日の米国株式市は、堅調な展開。NYダウ 0.49%高、ナスダック 0.24%高、S&P500 0.57%高

概況


NYダウ 日足

NYダウ 日足

10月22日の米国株式市場では、雇用統計が予想を下回ったことで金融緩和策が継続されるとの見方が意識され、概ね堅調な展開。

政府機関の一部閉鎖から延期されていた9月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が14.8万人増(予想18.0万人増、8月16.9万人増)と予想を大きく下回る結果に。失業率は7.2%(予想7.3% 、8月7.3%)に低下。

ダウ工業平均は前日比 75.46ドル高(0.49%高)の15,467.66ドル、ナスダック総合指数は前日比 9.52ポイント高(0.24%高)の3,929.57、S&P500指数は前日比 10.01ポイント高(0.57%高)の1,754.67。

ダウ構成銘柄では、ディズニーやP&G、キャタピラー、ウォルマート、ジョンソン・エンド・ジョンソン、デュポン、ファイザーなどが上昇した反面、ユナイテッド・テクノロジーズ、シスコシステムズ、JPモルガンなどが冴えない。指数を構成する30銘柄中、19銘柄が上昇、11銘柄が下落。

その他、オンライン動画のネットフリックが9.15%安と急落、大幅上昇している株価が意識。四半期決算から日用品のキンバリークラークが4.19%高、iPadの新モデルとなる「iPad Air」などを発表したアップルは材料出尽くしから小幅反落。グーグルは0.37%高、フェイスブックは2.18%安。

戻る