話題 「荒れる10月」ジンクスあれこれ 年末1万5,698円で着地?!

概況


日経平均 月足10年

日経平均 月足10年

10月相場と言えば、今なお「荒れる月」のイメージが根強い。世界大恐慌の発端となった1929年の大暴落(ブラックサーズデー=暗黒の木曜日)が「10月24日」。また、ニューヨークダウで-22.6%、日経平均で-14.9%という空前の下落率を記録した1987年の“ブラックマンデー”も「10月19日(東京市場の暴落は翌20日)」だ。

なお、2008年のリーマン・ショックぼっ発は9月だったが、相場がダッチロール状態に陥っていくのは、やはり10月に入ってのこと。日経平均の歴代下落率上位を振り返ると、1、2位と5-7位を、この10月に記録しているが、うち4回は、この年に記録している。

さて、今年の10月相場は、米国財政問題に翻弄(ほんろう)されながらも、これまでの株価推移を見る限り、むしろ力強い足取りをたどってきた。ここでは、「10月安値から年末にかけての上昇習性」にも目を向けてみたい。

直近5年間で見ても、(1)08年=7,162円→8,859円(+23.7%)、(2)09年=9,674円→1万546円(+9.0%)、(3)10年=9,202円→1万228円(+11.2%)、(4)11年=8,382円→8,455円(+0.9%)、(5)12年=8,534円→1万395円(+21.8%)―といった具合。

仮に、現時点での今月安値1万3,853円(7日終値)に、過去5年の平均上昇率(+13.3%)を乗じると、今年の年末は「1万5,698円で着地」といった線も想定されてくるところか。

さて、ジンクスついでに、もう1つ。なぜか、「ブラックマンデー記念日の相場は高い」というものだ。1987年10月20日は「-3,836円」という文字通りの大暴落に見舞われたが、その翌年以降の「10月20日の日経平均(当日休場の年は直前営業日)」を追うと、昨年まで20勝5敗の勝率8割を記録している。今年で言えば、(20日が日曜日で休場のため)今週末「10月18日」が該当する。また、過去25年間でも特に「金曜日」だけに絞れば10勝1敗と、勝率は90.9%にハネ上がる。週末株価には、ちょっとだけ注目しておきたい(10月18日の日経平均は結局0.17%安の14,561.54円)。

戻る